青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

飲みやすい青汁が若い人に人気である

2018/07/25

野菜とジュースと果物

以前は、青汁は苦くて飲みにくいドリンクでしたが、現在は若い人でも毎日継続して飲めるようなフルーツ関連の風味を重要視した青汁が増えてきています。

青汁は、ケールや大麦若葉を始め、様々な野菜が配合されている有効なドリンクです。これらの野菜をまとめて補給することができるので、ビタミン類やミネラル類、そしてそれぞれの野菜に特別に含有されているような有効な成分がまとめて補給可能です。

特にケールには、カルシウムが牛乳の2倍程度含有していたり、ビタミンEがピーマンの3倍含有しているなど、非常に多くの栄養素が集中している有効な野菜となります。

そして大麦若葉にも、ビタミンAからビタミンB、ビタミンCと、カルシウムやマグネシウムなど様々な栄養素が含有しているため、ケールと大麦若葉だけでもかなりの健康効果を期待することができるのです。最近では若い人達がよく飲むようになった青汁にトッピングされているのがリンゴやバナナ、イチゴなどのフルーツの味わいです。

青汁はそのままでは苦み成分が強すぎるので、毎日飲み続けるようにするためには甘いドリンクとトッピングしていく対策が必要となってきます。

オレンジ100%ジュースであったり、グレープジュースなどに入れる対策も可能ですが、あまりに果糖が多くなりすぎると体内で脂肪分が増えてしまう要因となります。

そのため、基本としては青汁は水で溶かして飲む事が基本であり、より栄養価を高めるのであれば豆乳を使って青汁を作るなどの対策が有効となります。最近の青汁は100種類以上の有効成分が含有しているタイプが販売されたりと、ケールと大麦若葉以外のゴーヤ、モロヘイヤ、キダチアロエのような様々な有効成分の栄養素もまとめて補給できます。

そして、青汁は常温で水に溶かして飲むというスタイルではなく、凍らせていたシャーベットに青汁を追加するという考え方であったり、青汁そのものをホットケーキの中に入れるなど様々な摂取方法が考えられています。

ただ、青汁に関しては生の状態の野菜の粉末を使用しているので、加熱をすることによってビタミン類が変化する可能性があります。より多くの栄養分を補給するのであれば、常温でそのまま青汁を何らかの液体に溶かして飲むことが有効となります。

青汁の苦みに慣れてきた頃には成分無調整の豆乳を使用して飲むスタイルがお勧めです。豆乳には大豆食品のイソフラボンやサポニンのような有効なポリフェノールが多く含有しているので、より健康効果が高まります。

-記事
-, ,