青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

青汁の独特の風味はケールの苦みである

2018/07/25

頭をかかえる女性

非常に健康効果の高い青汁ですが、健康効果がよく知っているのに青汁を毎日摂取していない人はまだまだ多い状況です。これは、青汁の味わいが非常に苦くて毎日飲むにはかなり辛い物であると考えている人が多いためです。

青汁の苦みの要因は、ケールという栄養価の高い野菜が関係しています。

ケールは独特の苦みがあるので、様々な野菜とトッピングしている青汁においても、ケールの苦みがひときわ際立って青汁全体の苦い味わいに影響しています。そのため、非常に栄養価が高いのになかなか青汁を飲めないような人は、ケールの風味を克服する必要があります。

ケールは緑黄色野菜の中でも栄養価が一際凝縮されている有効な野菜です。そのため、青汁の高い栄養価を維持する為には必ず必要な野菜となります。

日本で青汁が流行りだした頃、コマーシャルにおいても苦い青汁をアピールしていた時期がありました。そのため、青汁と聞いただけで苦い味わいであると認識する人が多いですが、この苦いと宣伝していた青汁は、現在は飲みやすい青汁に変わっています。

配合する野菜などのバランスを調整することによって、青汁の風味を変えていく事が可能です。栄養価の高い野草がいくつもあるので、飲みやすいバランスに変えていけば青汁独特の風味を抑える事も可能となります。

青汁の苦みの成分を抑えて飲みやすくするなら、ハチミツを利用する方が効果的となります。

ハチミツは甘い食品ですが、砂糖などとは違って体に良い有効な成分がいくつも配合されています。そのため、ハチミツを多く摂取してもすぐに肥満になることはないため、青汁を飲みやすくする分量をうまく取り入れていく対策が有効となります。

青汁にハチミツを加えることによって、ビタミンB2やビタミンB6、葉酸やマグネシウム、鉄分や銅など、様々な有効成分がバランス良く含有された更に栄養価の高い食品となります。

飲みやすくなりつつ栄養価が更にアップするので非常にオススメな飲み方となります。このような口当たりの良い青汁は、リピート率も上がります。そしてネットショップなどの口コミ情報においても「飲みやすい」というコメントが多くなります。

青汁の問題点は飲みにくさであるのでこの部分を克服することができれば、若い人からお年寄りまで誰でも飲む事ができる健康なドリンクとなります。自分の好きなグレープフルーツドリンクであったり、レモンティー、または緑茶などに青汁をトッピングする方法も効果的です。

甘さのバランスと飲みやすさを調整して、自分なりの飲み方を探していくことが重要です。

-記事
-, ,