青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

野菜嫌いの子供に青汁を勧める

2018/07/25

ほうれん草

子供は、どうしても野菜を食べてくれないことが多いので、チャーハンに野菜を細かく刻んで混ぜたり、カレーライスの中に多くの野菜をトッピングしたりして、試行錯誤して食べさせることになります。

コロッケや、ハムカツサンドの中に、人参や玉葱など有効な野菜を入れていくことにより食べさせることも1つの考え方となります。このような手の込んだ食事を作るのはかなり手間のかかことであり、時間もかかってしまいます。

そのために簡単に野菜を摂取してもらう為に、野菜ジュース等を検討することも可能です。しかし、野菜ジュースに関してはダイレクトに野菜の風味を感じることになり、子供にはなかなか摂取してもらえない状況となっているのです。

このような状況で利用したい対策の1つに、青汁を利用する対策があります。青汁とは非常に苦い味わいで大人でも飲みにくいというドリンクですが、最近では子供が飲みやすいタイプの青汁ドリンクが多く販売されています

青汁の中でも、最もクセのある苦みが強調されてしまうのがケールという野菜ですが、この野菜の含有バランスを調整していくことにより、臭みをできるだけ抑える事が可能となります。

飲みやすい青汁は、市販されているフルーツ青汁をそのまま利用する方法であったり、牛乳の中に青汁を入れて少しばかり甘みを追加するためにオリゴ糖を加えます。このようにすると、抹茶ミルクのような味わいになる為非常に飲みやすくなります。

そして、もう一つはきなこ牛乳を利用する方法です。牛乳にきなこを入れるとお菓子のような風味のあるドリンクに変わり、その中に青汁を入れることによって風味豊かなドリンクに変わり、飲みやすくなります。それ以外にも、子供が好きなヨーグルト風味のドリンクを利用すると、かなりヨーグルトの味わいが強いため青汁の風味を打ち消してくれます。

このように、試行錯誤する事によって様々な飲み方が可能となります。

そして、もう一つは健康の為に豆乳の中に青汁を入れるという方法ですが、成分無調整タイプの豆乳はクセがかなり強くなってしまうため、豆乳飲料を利用します。

豆乳飲料は豆乳の成分が半分になり、コーヒードリンクやマンゴードリンクのような、美味しいドリンクがトッピングされています。かなり甘さが強調されているドリンクである為、青汁を混ぜてもほとんど青汁の風味を感じない状態となります。

バナナ味であったり、ラムネ味のような風変わりな味わいの豆乳飲料も販売されているので、子供が美味しく飲みそうなドリンクを利用して青汁ドリンクにして、試していけば好きな味わいが見つかるはずです。

-記事
-,