青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

知っているようで知らなかった青汁のマメ知識

2018/07/25

勉強してる人

野菜の栄養をたっぷりと含んでいて、手軽に飲めるのが青汁のいいところです。健康や美容にもいいですし、普段の野菜不足解消にもなります

最近はダイエット美肌のために若い女性も青汁を生活の中に取り入れている方が増えていて、青汁人気が急上昇中です。そんな人気の青汁ですが、色からすると葉物野菜中心の野菜ジュースのようなものという印象を持つ方も多いことでしょう。

間違いではありませんが、青汁は種類によって含まれている野菜や製法などが大きく違っています。主原料となっているのは栄養価の高いケールや明日葉、大麦若葉などが多く用いられています。これをベースにして、一般的な人参やほうれん草、パプリカなどの緑黄色野菜なども含まれている場合もあります。

どんな野菜が含まれているのか気になる方は、青汁の原材料名のところを見てみると良いでしょう。青汁は栄養価の高い緑の野菜を中心に、野菜を丸ごとすり潰しています。

冷凍や粉末、サプリメントタイプなど形状が様々で、個人の好みに応じて選ぶことができます。また、加熱処理をしていない青汁もあり、ビタミンや酵素などの栄養を損なうことなく摂取することが可能です。一方、野菜ジュースは色々な野菜や果物が使われていて、飲みやすくするために塩分や糖分などが加えられています。

主にすぐに飲めるような液体のストレートタイプですからしっかりと加熱殺菌されています。

フルーツなどの果糖や飲みやすくするための糖分などが入っていますから、カロリーは青汁よりも高いです。加熱処理によりビタミンなどが損なわれているケースが多く、高熱により酵素を取ることはできません。

舌触りを良くするために食物繊維なども取り除かれていますから、栄養価が低くなっています。このように、青汁と野菜ジュースには大きな違いがあります。

栄養価を比較すると、元々栄養価の高い野菜が原材料となっていて、丸ごと栄養が入っている青汁の方が栄養価が高いです。また、流行りの酵素を取りたいなら青汁でないと不可能で、高温で加熱されている野菜ジュースからは取ることができません。

そして、女性必見のダイエットに活用する場合でも、糖分が加えられていない青汁はカロリーも低いですから、ダイエットには最適です。

しかし、糖分や塩分が加えられていて、多くの野菜やフルーツが使われている野菜ジュースだと、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。このように、効率的に野菜不足を解消したり、ビタミンなどの野菜の栄養をしっかり取りたいなら青汁に軍配が上がります。

-記事
-,