青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

昔と今の青汁は

2018/07/25

指をさす女性

青汁に良くないイメージを持っている人は、多いかもしれません。良くないと言っても、もちろん健康としての意味ではありません。

むしろ青汁は健康に良いというのはみんなが知っている事です。問題は味についてです。私も昔ちょっとではありますが青汁を飲んだことがあります。出されたものを飲んだのでどこのメーカーの何というのは一切分からないのですが、ゾッとするほど不味かった覚えがあります。

そのメーカーさんには申し訳ないのですが、本当に不味かったのです。ただ、いかにも健康に良さそうな味だなとは感じました。なんとなくお通じもよくなった気がしますし、健康のことを考えているならとても良い青汁だったのだと思います。

ですが、あの味にはさすがに我慢することができなくて、いつからか飲まなくなってしまいました。ただ、自分で言うのは何ですが、それも仕方なかったように思っています。

さすがに、あの味を飲み続けるのは無理です。月1なら出来るかなという程度です。そういったイメージが青汁にはあったので、飲んでみたらと言われたとき、かなり抵抗しましたしあの味が蘇ってきて、良い気はしませんでした。

むしろ、思い出したくないことを無理矢理思い出してしまったという感覚でしたが、向こうが全く下りないのです。このままではどうにもならないと思い、1杯だけだからと言って一気に飲みました。そうしたら、なんということでしょう。嫌な味がしないのです。

一気に飲んだからではと言われたらそれまでなのですが、後味が昔飲んだものと全く違ったのです。悔しいことに、もしかしたら美味しいかもとまで思いました。飲み続けることはなかったのですが、あれは人に勧められるくらいには美味しかったです。

もちろんそのあたりは個人の好みがあるので何とも言えませんが、癖はなかったと思います。

自分が美味しいと感じても癖があったりすると勧めづらいのですが、全体的にすっきりとした味わいだったので、これは勧められるのではと思いました。やはり、この年数の間に味の開発は進んでいたのですね。美味しくて健康に良いというのがやはり1番だと思います。

もちろん、美味しさと健康だったら後者のほうを優先させたほうが良いのかもしれませんが、やはり美味しくないとどうしても続けられませんし億劫になります。また、人によっては青汁に嫌なイメージがついてしまうのではないでしょうか。

ということを考えると、やはり美味しいに越したことはないでしょう。

-記事
-,