青汁サイト

青汁サイトは青汁のすべての情報を発信していくサイトです。

記事

効果が高まる!青汁を飲むに適したタイミング3選

2017/10/24

ご飯を食べる女性

青汁は飲むだけで絶大な効力を発揮してくれます。ですが実は飲むタイミングによってはその効果をさらに高めることができるということはあまり知られていません。一日一杯飲むにしてもいつ飲むかによってその効力は大きく異なってくるのです。

せっかく青汁を苦い思いして飲むわけですから、得られる効力は大きいに越したことありません。そこでここでは効力が大きく得られる3つのタイミングをお教えしましょう。

1.食前
薬なんかは食後に飲むのが常とされていますが、それはお腹に何かが入っていない状態で摂取してしまうと胃が薬に含まれている成分に圧迫され、傷ついてしまうためです。

胃に何も入っていない状態というのは最も胃に入れられた成分をうまく吸収することができるタイミングだというわけですね。食前に青汁を飲むことで青汁に含まれている成分を余すことなく胃と腸から体内に取り込むことができます。食事と一緒に青汁を飲んでも良いわけですが、できれば食前に一杯青汁を飲むようにしましょう。

2.お風呂上がり
お風呂上がりは一日の内で最も血流が良くなっているタイミングです。お風呂上がりに青汁を飲むことで腸から吸収された成分をすぐに全身に行き渡らせることができます。

また、青汁に含まれている成分はカルシウムビタミン、乳酸菌など牛乳に含まれているものが多くそれらはお風呂上がりに飲むことで最大限体内に取り込むことができます。お風呂上がりの牛乳が体にいいということをイメージしていただくことができれば、青汁についてのイメージも固めやすいかと思います。

3.就寝前
朝が苦手で起きるのもしんどいという方は一度青汁を就寝前に飲むように心がけてみてください。見違えるように朝楽に起きることができるはずです。青汁を就寝前に飲むというのは非常にポピュラーで、就寝前というのは一般的なタイミングになります。

青汁を就寝前に飲むことで快眠があることは広く知られており一日の終わりと始まりをよりよいものにすることができます。一日の締めくくに飲む青汁は翌日の確かな力となってくれるでしょう。

・青汁を飲むことを習慣づけよう
青汁を決まった時間に飲むよう習慣づけましょう。それだけで青汁の効果を高めることができるからです。青汁を決まった時間に飲む習慣を身につけることができれば、青汁の成分を体に行き渡らせるサイクルを作り上げることができます。

自分が無理なく続けられる時間を見つけて、毎日継続して飲み続けるようにしましょう。

-記事
-